組合案内

組合の活動について

 少子高齢化社会の進行が著しく、生産人口の減少や社会保障関係費の増大が社会問題となっている我が国において、「健康寿命を延伸させること」は喫緊の課題となっています。健康寿命とは健康上の問題が無く自立して活動できる期間のことで、これを延ばす為には、病気になりにくい生活習慣の形成や病気の早期発見を図ることなどが必要となります。このような取り組みは「予防医学」と呼ばれ、我々のような地域に根ざした診療所はその主要な担い手となっています。

 巡回健診で必要となる医療防疫車や高度管理医療機器等の設備は、その高額な導入コストや遊休資産となってしまうリスクなどの理由から個々の病院・診療所が単独で保有及び運用することが困難であり、これを実行に移せずにいました。過去には医療防疫車等の手配の問題から、健診の依頼を断らなければならないケースも生じており、巡回健診を実施できる体制を整える必要性を強く感じていました。

 この課題を解決するため、中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合を設立し、巡回健診実施体制の整備を行おうとの結論に至りました。組合員においては共同で医療防疫車内の高度管理医療機器等を利用することにより、それぞれの巡回健診の効率的な実施に寄与すると考えます。加えて、教育情報事業及び福利厚生事業といった非経済事業を実施し、経営資源の拡充強化、組合員の経済的地位の向上を図る所存です。


組合の活動について

事業者名巡回健診事業協同組合
代表理事加藤守男
認可日2016年11月18日
本部
東京都町田市南町田4-14-15
TEL | 042-706-8295
FAX | 042-706-8296

医療防疫車並びに
医療機器管理部

神奈川県横浜市青葉区寺家町8-1
TEL | 045-972-8182
FAX | 042-532-3974

取得許可
高度医療機器販売賃貸業 第111270222号

事業

1.組合員のためにする医療防疫車並びに高度管理医療機器等の共同利用

2.組合員のためにする定期健診の予約及び請負事業

3.組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

4.組合員の福利厚生に関する事業

5.前各号の事業に附帯する事業


目的

本組合は、相互扶助の精神に基づき、組合員が、医療法に準じて実施する巡回健診及び健康診断のために必要な医療防疫車両並びに高度医療機器の共同利用を目的とする。



主旨

医療法人または開業医を構成員として設立される組合であり、医療防疫車両並びに高度医療機器の共同利用を推進するために組成されるものです。



アクセス

本部

東京都町田市南町田4-14-15

医療防疫車並びに医療機器管理部

神奈川県横浜市青葉区寺家町8-1



組合にご加入するには